塩漬け株

こんにちわ!

 

株の学校123 講師の小島です。

 

非常に暑い日が続きますが、お元気でしょうか?

 

昔は、クーラー(死語?)は、体に悪いと言われていましたが、いまエアコンは、必須ですね。

 

熱中症には、十分にご注意ください。

 

今回は、「塩漬け株」についてお伝えしたいと思います。

 

講座をやっているとしばしば、「塩漬け株」をお持ち方から、どうすれば良いかを聞かれます。

 

銘柄名と買った株価をお聞きして、すぐにチャートを見るのですが、買った株価が見当たらないのです。

 

例えば、買った株価が3515円とお聞きしたはずなのですが、いまのチャートの右上に表示されている株価が、

 

2500円だったりします!?

 

チャートを左にスライドして、数年前に戻してみると、大きく上昇し、その後に大きく下降した山が見つかり、

 

その頂点付近が3500円だったりします。

 

これは、体験講座でお話をする「相場のカラクリ」にまさに当てはまった状況です。

 

このような塩漬け株のリストをA4用紙1枚に目一杯書いてある紙を渡されたこともあります。

 

それでは、この塩漬け株をどう考えれば、良いかというと…

 

《ここからは、ログインが必要です。無料会員登録は、こちら!

 


 

1.本投稿は、情報提供を目的としております。投資顧問業法における銘柄への勧誘などは一切行っておりません。また、最終的な売買の判断は、株式投資におけるリスクをよく理解した上、自己の責任の上行うようお願いいたします。

2.本投稿の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法上の例外を除き、禁じられています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ