投資と投機の違い

こんにちわ!

 

株の学校123 講師の小島です。

 

1ヶ月以上、新規投稿が出来ずに申し訳ございませんでした。

 

今後は、少し間隔を取って、投稿を行っていきたいと思います。

 

日経平均は、10月10日からほぼ上昇し続けていますね。

 

みなさんも、こういうトレンドが出ている時に利益が取れている祈っております。

 

もし、利益が出ていない場合は、是非、無料の体験講座に参加して見てください。

 

今回は、「投資」と「投機」の違いについて、お伝えしたいと思います。

 

相場には、相場を経験した先人達が残してくれた「相場格言」というものがありますが、

 

その一つに、

 

「投資家は投機家のなれの果て」

 

というものがあります。

 

これは、「投機」的に株を買ったのですが、思惑とは逆に下がってしまったので、

 

「投資」だったと考えを変えてしまうことを言っています。

 

いわゆる、「塩漬け株」のことです。

 

しかし、本来は、「投資」と「投機」は、似て非なるものですので、必ず一度、

 

どう違うのかを確認しておくべきです。

 

みなさんは、「投資」と「投機」の違いはお分かりでしょうか?

 

《ここからは、ログインが必要です。無料会員登録は、こちら!

 

 


 

1.本投稿は、情報提供を目的としております。投資顧問業法における銘柄への勧誘などは一切行っておりません。また、最終的な売買の判断は、株式投資におけるリスクをよく理解した上、自己の責任の上行うようお願いいたします。

2.本投稿の全部または一部を無断で複写複製(コピー)することは、著作権法上の例外を除き、禁じられています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ご質問やお問合せは、コチラから!
小島塾ブログ